経営学史学会第29回全国大会(オンライン)のご案内


令和3年4月

経営学史学会第29回全国大会 実行委員長 松田 健

謹啓
 陽春の候、会員の皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 第29回大会の予稿集が完成いたしましたので、お届け申し上げます。
 すでに「経営学史学会通信」ならびに学会HP、MLにてご承知のことと存じますが、新型コロナウイルスの感染を防止する目的の下、WEB会議システム(Zoom等)を活用し、来る5月28日(金)より30日(日)駒澤大学を事務局として経営学史学会第29回全国大会をオンラインにて開催いたします。
 現時点ではZoomのIDやサテライト事務局等、まだ確定しておりませんが、5月中旬になりましたら学会HPならびにML等にて皆さまにお知らせいたします。

 第29回全国大会の統一論題は、
「「時代の問題」と経営学史― COVID-19が示唆するもの ―」
サブテーマ 1:「事業と社会」事業活動と社会の関係について、「コロナ禍」が示唆するもの。
サブテーマ 2:「組織と管理」組織と管理(組織行動・構造、権限関係、働き方、リーダーシップ等)のあり方について「コロナ禍」が示唆するもの。

 です。

 また自由論題でも大変魅力的なテーマでのご報告が予定されております。
 オンライン開催は経営学史学会では初の試みであり、また新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から拠点や使用設備の上でさまざま制約がございますが、関係者一同実り多き大会にできるよう、全力で準備に努めております。実行委員会関係者一同、会員の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

敬具


期 間 : 2021年5月28日(金)〜30日(日)
会 場 : オンライン開催(ZOOM)ID等の必要な情報は5月中旬に、
      改めてHP、ML等を通じてご案内差し上げます。
参加費 : 無料


《第29回全国大会プログラム》

第29回全国大プログラム

全国大会プログラム
【PDF形式】
予稿集
【PDF版】
   

HOME