経営学史学会会則

1993年5月29日
創立発起人会の審議を経て会員総会で決定
1998年5月23日改正



第 1 条(名   称)

 本会は経営学史学会〔The Society for the History of Management Theories〕と称する。

第 2 条(目   的)

 本会は経営学説、経営学史、比較経営学などの研究を行い、経営学の発展に資することを目的とする。

第 3 条(事   業)

 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。

1.毎年1 回適当な地において大会を開催し、研究の発表と討議を行う。
2.適宜研究会を行う。
3.経営学史学会年報を編集し、刊行する。
4.経営学史に関係する内外の研究機関や研究者との交流を促進する。
5.その他、本会の目的達成に適当と認められる活動を行う。

第 4 条(会   員)

 本会は普通会員(終身会員を含む)、院生会員、特別会員、賛助会員をもって構成する。

1.会員資格は内規で決める。
2.会費は内規で決める。
3.本会に会員として入会を希望する者は会員2 名の推薦をもって理事会に申込み、その承認を得なければならない。
4.退会を希望する者は書面をもって理事会に申し出なければならない。
5.会員が会費を3年以上滞納した時は自然退会とする。

第 5 条(役   員)

 本会に次の役員をおく。

1.理事長1名、副理事長2名、理事12名、会計監事2名、幹事若干名。
2.役員の任期は3年とし、連続3選は認めない。ただし、理事長の任期は第8条に定める。

第 6 条(理事の選任)

 理事15名と会計監事2名は会員の中から互選する。理事と会計監事の選出方法については内規で定める。

第 7 条(理 事 会)

 理事会は理事長がその必要を認めたとき、または理事の半数以上の要請があるとき開催する。

1.理事会の定足数は理事の2分の1以上とする。
2.理事会の決定は出席した理事の過半数により決する。
3.理事会の出席は委任状をもってこれに代えることができる。

第 8 条(理 事 長)

 理事長は理事会において、理事の中から互選する。

1.理事長は本会を代表し、会務を総理し、理事会を招集してその議長となる。
2.理事長の任期は1期限りとし、連続再選を禁止する。

第 9 条(副理事長)

 副理事長は理事会において、東西の理事の中から各1名互選する。副理事長は理事長を補佐し、理事長に事故あるときは理事長を代理する。

第10条(幹   事)

 理事長は理事会の承認を得て、会員の中から幹事若干名を委嘱する。幹事は理事長を補佐する。

第11条(顧   問)

 理事長は理事会の推薦に基づき、総会の承認を得て顧問を委嘱する。顧問は理事長の諮問に応える。

第12条(会計監事)

 会計監事は本会の会計を監査する。

第13条(総   会)

 本会は会員総会を毎年1回開催する。

1.理事長が必要と認めたとき、あるいは理事の半数以上の要請があるときは臨時総会を開催する。
2.理事長は総会の議長となり、予算、決算、会則の変更、その他の重要事項を審議する。
3.総会の決定は出席する会員の過半数により決する。
4.総会の出席は委任状をもってこれに代えることができる。

第14条(会計年度)

 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第15条(会則の変更ならびに本会の解散)

 本会則の変更ならびに本会の解散は、理事会の提案に基づき総会出席会員の3分の2以上の賛成を必要とする。

第16条(部   会)

 地域別あるいはテーマ別の部会は、理事会の承認により組織できる。

第17条(委 員 会)

 各種の委員会は必要に応じて理事会の承認により組織できる。

 付 則

第18条

 本会の事務局の設置と事務処理に関する細則は理事会が決定する。

第19条

 この会則は1993年5月29日より実施する。



HOME